少し変わった視点のグルメ漫画「クミカノミカク」レビュー

漫画レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク



グルメ漫画とは思えない少し変わった世界観

 原作: 小野中彰大 全6巻(完結済み)

 地球と様々な異星人が友好関係を結び、交流しているという世界が舞台です。母星の違う様々な異星人たちが、勉強や仕事をしに地球に住んでいます。

ストーリー

 主人公「チヒロ」は、同じ職場で働く異星人の「クミカ」に好意を寄せていました。クミカは食事を必要としない異星人で、食事に誘われても必要ないと断っていましたが、病気になり、心配したチヒロが栄養を取らせるために、クミカに生まれて初めての食事を与えます。それをきっかけにして、クミカは様々な料理と新しい世界に出会っていきます。

新しい出会いと食べるという行為の意味

 本作は食事というものが未知のものだったクミカが食文化に触れ、様々な料理に出会い、生まれて初めて自分で料理をするなど、料理を通じて新しい体験をしていきます。

 新しい経験だけでなく、食べるということは他の生き物の命を奪うことになること、など食育についても触れて、食事をする行為の意味を考えさせられました。

行方が気になる2人の恋

 チヒロは元からクミカに惚れていますが、クミカも次第にチヒロに惹かれていきます。しかし今までこんな感情を抱いたことがなかったクミカは、この感情が何なのかさえ分かりません。物語が進むにつれて変わっていく2人の関係も見どころです。

同作者の最新作「魔法少女に憧れて」が、現在連載中!

 ↓小野中彰大先生の最新作「魔法少女に憧れて」が、現在連載中です。↓

魔法少女にあこがれて|ストーリアダッシュ
魔法少女に憧れている少女・柊うてな。彼女の前に突然現れたのは特別な力をくれるマスコット!?これで私も今日から魔法少女に――!!?魔法少女VS悪の組織の熾烈なSMプレイ(!?)の幕が開く!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました